安い自動車保険

自動車保険料を安くする方法|安い自動車保険会社は?

自動車保険を安くする方法!

〇加入している自動車保険の契約内容を見直すだけで安くなる!?

 

自動車保険料を毎月1万円以上払っている方は少なくないと思いますが、
もし、あなたも毎月のように1万円以上の保険料を払っているのであれば、
一度、自分の自動車保険の契約内容を確認してみる事をオススメします!

 

何故、加入している自動車保険の契約内容を確認するのかというと、
あなた自身の条件・環境にマッチしない内容で自動車保険に加入しているかもしれないからなんです!
あなたにとって必要のない部分まで補償対象になっていて、その分保険料が割高になっている可能性が
高いからなんですね。

 

あなたが加入している保険会社の窓口である代理店担当者もよくわかっていないかもしれません!

 

1回の見積もりで20社以上をまとめて表示!自動車保険 見積もり

保険料を安くするために確認しておきたいチェックポイント

自動車保険の対象となる車は誰が運転するの?

あなたが現在加入している自動車保険の保険証券を確認してみましょう。
運転者範囲(車を運転する人)はどのように記載れていますか?

 

一般的な運転者範囲だと、

  • 本人限定
  • 本人+配偶者(夫婦のみ)
  • 家族限定(主に同居親族や別居の未婚の子などまで)
  • 限定なし(友人や知人等の他人もOK)など!

運転者の範囲が広がるほど保険料は割高になります。
例えば、あなたの車を夫婦でしか運転しないのに運転者範囲が「限定なし」や「家族限定」に
設定されているとすれば、あなたは余計な保険料を支払っているかもしれません。
契約内容を保険代理店任せにしているほどこのような事例が多く見受けられるようです。

 

車を運転する人の年齢条件設定に間違いはないですか?

自動車保険の年齢条件は、一般的に

  • 全年齢補償対象
  • 21才以上補償
  • 26才以上補償
  • 35才以上補償

等があります。(※保険会社、保険商品により設定内容が異なる場合があります。)
一般的に、年齢条件は同居親族に当てはめられます(適用されます)。
ですので、同居親族の中で車を運転する一番年齢の低い人にあわせて設定するのです。

 

例えば、夫婦ともに45才で子供が22才であれば、年齢条件「21才以上補償」の設定になります。
車を運転するのが45才の夫婦のみであれば「35才以上補償」の設定となります。

 

運転者範囲「限定なし」等で設定されている場合、他人も運転すると思いますが、
他人に年齢条件は適用されないので車を運転する同居親族を対象に設定します。

 

上記に記載した「年齢条件」や「運転者範囲」は、車を運転する人の範囲や年齢によって設定が
変わってきます。正しく設定する事で、補償対象漏れや余分な保険料の支払いを未然に防ぐことになります。

 

実際に間違って設定して契約している方が多いとの情報があるので、
一度、自身の契約内容を確認する事をオススメします。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

1度で20社以上の保険料をまとめて見積もり!自動車保険 見積もり




ホーム RSS購読 サイトマップ